バイクのメンテナンスとカスタム

メンテナンス

バイクを乗る上での楽しみは、自分仕様の愛車にするためのカスタムと実際に走行することにあります。好きな見た目・仕様にチェンジさせることで、より楽しい走行が叶います。最近では走行時や長距離移動時に便利なパーツまで販売されていますから、その時々で必要なカスタムを施すことでさらに充実したバイカー生活を送ることが出来ます。

そんなバイカー生活を安心・安全なものにする為には、カスタムだけでなく定期的なメンテナンスを行わなければいけません。そうすることでツーリング時に仲間に迷惑をかけるというようなことも防ぐことが出来ます。メンテナンスには多少の知識が求められますが、簡単なものならインターネットなどで検索するなどしてセルフで行うことが可能です。

バイク

例えばエンジンオイルが綺麗かどうかならば、専門的知識が無くても目で見て確かめることが出来ます。沢山乗っていれば乗っている程、バイクのエンジンオイルは黒く汚れてしまっているでしょうから、出発前には定期的にエンジンオイルを確認しておくと良いでしょう。タイヤの空気圧も自分で簡単に調べられる部分です。空気圧が少ない場合には、ガソリンスタンドにある空気入れを利用させてもらうなどして適正空気圧になるまで空気を入れましょう。

ドレスアップカスタム

ドレスアップ

バイクのカスタムやドレスアップは自分で行うよりもしっかりとした専門のショップに依頼した方が賢明といえるでしょう。バイクや自動車のカスタム愛好家の方は自分の手でドレスアップしたいと考えがちですが、知識や技術、設備のない方が手を出してしまうと取り返しのつかない事態に陥ってしまうことも少なくありません。

バイク

不完全な車両で行動を走行するとなるといざ走行中に支障をきたした場合、重大事故につながってしまいます。最悪の場合は人命にかかわる事故さえも引き起こしてしまうのです。そうなってしまわないためにも専門のカスタムショップに作業を依頼しましょう。費用や期間は掛かってしまいますがその分しっかりと仕上げてくれます。

バイクは多くの部品で構成されており、一つの部品が正常に作動しないと、思わぬ箇所に支障をきたしてしまいます。そういったトラブルを自分で解決するには少し難しい物です。いざ車両にトラブルが起きてしまうと修理するのにも時間や費用が掛かります。そうなってしまうとせっかくのバイクに乗る機会も少なくなります。きちんとした車両でツーリングを楽しみたいのであれば、自分でカスタマイズするのではなく、専門のショップに作業を依頼しましょう。

アメリカの大型バイク ハーレー

ハーレーは、メンテナンスはもちろんの事、カスタムするのがとても難しいバイクです。しかし、難しく大変だからこそハーレーの事が好きというバイクファンは大勢います。

ハーレー カスタムは他のバイクとは違う事が多いので、専門サイトでカスタム方法などを読んでみることがいいでしょう。

オススメできるハーレーカスタムのページはこちらになります。

初心者でも簡単にできるパーツの取り付けや、上級車でも満足できるカスタム情報があります。

ハーレーのオーナーや、これからハーレーの購入を考えているバイカーは是非とも読んでみてください。最初にパーツ交換したいマフラーの事、ベルトドライブやフットペグのことは特に重点的に読むと良いでしょう。とても参考になります。

大型バイク ハーレー

ハーレー車体 特性を知る

メーター類

どっしりとした存在感が魅力のハーレーは、大型バイクに挑戦するバイカーにとっては最大の憧れです。長距離の走行を前提としているハーレーは、車体の特性をよく理解した上で扱うことが求められます。

教習所で習ったことが基本だから、大型バイクの免許を取得した時のテキストを再度読んでみましょう。正しい取り回しと運転姿勢が分かっていれば、ハーレーの車体をもてあますことなく、キビキビと格好良く運転できます。

重くて大きいのがハーレーであり、その基本を熟知していればカスタマイズにおいても有利で、より自分の運転に適したパーツを選べます。

モデルによっても細かい癖や構造が違うため、焦らずにゆっくりと愛車に慣れていき、落ち着いて操作するのがコツです。

装備が充実している重量級のモデルでは、正しい取り回しの重要性が増すので、常に重心の位置を意識しながら、全身によって無理なく支えるイメージで動かしていきましょう。愛着が湧いてくれば、日常点検からカスタマイズまで自然に覚えていきますし、自らメンテナンスの基本を勉強する気にもなります。

せっかく世界的に人気がある大型バイクであるハーレーのオーナーになるのであれば、自分で整備点検をして万全の状態で、スマートに乗ってみるのが粋でしょう。